17.第19期東京都知事選挙(2014)

2014年3月26日 (水)

東京都知事選挙上位4名の得票分布

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   
  7284
  ますぞえ宇都宮細川田母神
  要一けんじ護熙としお
  無所属無所属無所属無所属
★都計43.40%20.18%19.64%12.55%
☆区部計43.18%19.68%19.32%13.30%
  千代田区40.15%14.57%22.29%18.00%
  中央区42.42%15.44%20.38%16.45%
  港区41.12%15.32%23.38%15.05%
  新宿区40.16%20.19%20.22%14.76%
  文京区39.20%20.93%21.28%13.90%
  台東区42.89%18.12%19.22%14.93%
  墨田区46.73%17.97%17.05%13.79%
  江東区46.86%18.83%16.72%13.28%
  品川区42.57%19.47%19.05%14.03%
  目黒区39.63%19.10%22.38%13.24%
  大田区44.76%19.40%18.06%13.68%
  世田谷区40.17%20.15%22.33%12.51%
  渋谷区37.47%19.48%23.42%13.49%
  中野区39.28%21.58%20.07%14.16%
  杉並区37.91%22.56%21.79%12.96%
  豊島区40.38%20.54%19.73%14.54%
  北区43.92%21.93%17.51%12.46%
  荒川区46.42%19.30%17.13%13.09%
  板橋区44.09%21.20%18.14%12.49%
  練馬区42.33%20.53%20.10%12.86%
  足立区49.34%18.82%16.26%11.75%
  葛飾区47.85%19.58%16.63%12.04%
  江戸川区49.19%16.81%16.33%13.45%
☆市部計43.64%21.41%20.42%10.92%
  八王子市45.77%20.59%20.19%10.01%
  立川市45.34%20.55%19.11%11.73%
  武蔵野市37.45%21.38%25.12%11.94%
  三鷹市39.42%22.64%21.99%11.57%
  青梅市49.63%18.95%18.77%9.40%
  府中市43.78%20.14%19.45%12.76%
  昭島市47.76%19.46%18.35%10.87%
  調布市41.21%21.52%20.29%12.73%
  町田市44.86%19.53%21.37%10.74%
  小金井市39.54%22.98%22.12%11.54%
  小平市42.47%22.50%20.41%10.97%
  日野市44.33%21.83%19.50%10.63%
  東村山市44.09%23.24%18.99%10.15%
  国分寺市41.60%22.45%20.90%11.22%
  国立市38.96%24.25%22.36%10.61%
  福生市49.39%18.56%16.35%11.93%
  狛江市41.88%23.46%20.44%10.56%
  東大和市46.38%22.05%19.28%9.17%
  清瀬市42.22%25.35%20.12%9.27%
  東久留米市42.54%24.08%20.40%9.70%
  武蔵村山市49.42%20.76%16.99%9.71%
  多摩市40.86%24.01%21.36%10.47%
  稲城市45.53%19.08%20.10%11.56%
  羽村市48.30%19.82%18.63%10.22%
  あきる野市49.72%19.89%18.73%8.83%
  西東京市42.22%21.84%20.95%11.36%
☆西多摩郡計55.60%15.90%17.01%7.82%
  瑞穂町55.05%15.85%16.58%9.03%
  日の出町53.27%17.56%18.38%7.28%
  檜原村63.87%10.52%15.92%4.47%
  奥多摩町60.36%14.16%15.66%5.75%
☆島部計54.19%16.37%14.71%10.55%
 大島支庁56.17%17.27%11.71%10.90%
   大島町51.29%21.33%11.39%11.61%
   利島村69.23%10.58%9.62%7.69%
   新島村62.26%12.30%12.36%10.02%
   神津島村65.27%8.57%12.53%9.89%
 三宅支庁54.68%17.78%14.40%9.49%
   三宅村56.12%17.34%13.69%9.28%
   御蔵島村44.79%20.83%19.27%10.94%
 八丈支庁54.93%13.52%18.65%8.70%
   八丈町54.87%13.47%18.75%8.76%
   青ヶ島村57.29%15.63%14.58%6.25%
 小笠原支庁39.45%19.04%19.13%16.23%
   小笠原村39.45%19.04%19.13%16.23%

この人、馬鹿ですね。

必見!!孫崎享氏(元外務省国際情報局局長) ●舛添偽知事の不正選挙を暴露
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_196.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あちこち手を回して不正選挙を隠蔽しようと企んでも、結局、真実に蓋をすることはできません。

これから、くすぶり続ている「不正選挙」に火がつき、パッと燃え上がります。

ユダヤ朝鮮裏社会の皆さん、狼狽してまた余計なことをやって火に油を注がれると思います。

楽しみにしています。無能なマヌケのあたふたする姿を見るのが趣味なんです。すいません。

情報感謝。


2014/3/26 01:47

必見!!孫崎享氏(元外務省国際情報局局長)  

●舛添偽知事の不正選挙を暴露

http://www.youtube.com/watch?v=ywYP-CIzAuE

http://www.youtube.com/watch?v=VduZYq5cJYI

http://www.youtube.com/watch?v=qS-4m_tp9FE

http://www.youtube.com/watch?v=kQwK1hZ-M4s

K美姉さん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

※「この人」とは孫崎享氏のことです。現在のRKは馬鹿以下です。(馬鹿に失礼)

 

<cocologh09解説>

●ムサシの機械を「投票カウント機」だと言っています。

正しくは「仕分け機」です。
どうやらこの人は「票を入れるだけで全て機械任せ」だと思い込んでいるようです。
実際には仕分け後立会人も含めて人が確認しています。
どうやったらムサシの機械で得票数を変えられるのでしょうか?

また都内でどの程度のシェア率について調べた様子はありません。
ムサシ以外のメーカーの導入率や手作業開票所があることを知らないのでしょうか?
ムサシがいつから使われているのか知らないのでしょうか?

 

●0.48問題

この0.48と言うのは
2014年の舛添氏の得票数 2,112,979
2012年の猪瀬氏の得票数 4,338,936
全得票数そのものが0.487%だというだけのことです。

この2つの数字を比較して、何がどうなのでしょう?

ここからわかるのは、猪瀬氏の半分以下の票で舛添氏が選挙に勝って都知事になったという事実だけです。
選挙は「1位になること」が全てであり、相手関係によって勝つための得票数(率)は大きく変わるという選挙の仕組みが如実に表れてます

 

●端数がおかしい?

宇都宮氏は小数点以下があるのに、舛添氏にはないことを指摘しています。この少数点以下が操作の形跡だと言いたいようです。
この人は「按分票」をしらないのでしょうか?
宇都宮氏は「健児」。他の候補者に「ひめじけんじ」がいたので、けんじ票が按分されただけのことです。
こんなの、選挙には毎回必ずあるもので、2014年の都知事選挙だけの現象ではありません。

 

他の選挙結果を一度も見たことないのですね、この人は。

 

●小さい(有権者の少ない)地域のバラツキ疑惑

算数をやったのこの人?
数が多くなれば多くなるほど平均化します。
少ない数だと誤差が激しくなるのはあたりまえです。
だから調査には一定のサンプル数が必要なのです。
(そんなこともわからずに「スプレッド」なんていうカタカナを使うところが恥ずかしい→それっぽいから、まともな内容だと騙される人がいるでしょうね)

23区などの有権者の多い選挙区で誤差が小さくなるのは当たり前のこと。
「そんなことはない」というなら、過去の選挙結果を調べてみればいいのです。
公表されている数字だから、誰でもできます。
なぜやらない?

 

●結局被害者も手法も示せない

舛添氏の当選が不正操作なら、100%他の候補者の誰かが直接的な被害者(実際の当選者)になります。
それが誰なのかを言いません。またどのように行ったのかも手法も示せません。

死体も凶器もないのに「あの人は殺人犯ではないか?」といっているだけです。
作り話にすらなっていません。


●不可解な現象は「人為的なもの」なら説明がつくが、「自然」では確率論で説明がつかない

「確率論」を分かっていないのは本人です。(あぁ、恥ずかしい)

「人為的なもの」で説明がつくなら、その「人為的なもの」を示してください。
どこでだれがどのように人為的なことをして、どのような被害があった(真の当選者は誰なのか)のかを示してください。
繰り返しますが被害の存在しない犯罪というものはありません。


 
 
 

少し話が変わりますが、どこぞの工作員たちが「定額は不正選挙完全否定」とか言ってますが、私はそんなことは一言も言った記憶はありません。

 

これまでの不正選挙説の根拠を調べたら「ただの無知か勘違いか意図的なデマ」だったということだけです。
不正の疑惑があるなら調べればいいのです。
どんどんやってください。思う存分どうぞ。

 

私も調べました。その結果は全てブログで公開しました。僭越ですが、私以上に選挙について調べている人がいるのでしょうか?
誰か一人でも私の考察に具体的な否定意見を言えるのでしょうか?
あるのは誹謗中傷と総論否定。そして脅しと嫌がらせだけです。

 

911や311や月面着陸と違って、選挙は毎週のように行われ、記録も残り、立会も開票所見学もできます。
関係者に話を聞くこともできるし、過去の資料も入手できます。

 

不正選挙だというなら、調べて証拠なり仮説を出せばいいのです。それをやらないのはRKや裏社会工作員などの「不正選挙肯定者」であり、私ではありません。

祭りだと騒ぐだけで中身がないのは馬鹿な裏社会そのもの。右翼も左翼も現在のRKも声高に叫ぶだけしかできないのです。

 

 

 

 

2014年2月10日 (月)

都知事選の結果について

東京都の選管公式発表はこちら
http://sokuho.h26tochijisen.metro.tokyo.jp/

 
 

投票率が50%台前半に落ち込むとみていましたが、雪の影響もあって46%にまで落ち込みました。マスコミが煽った割には盛り上がっていないという印象を持っていましたが、そんなに的外れな予測ではなかったようです。

細川~小泉ラインの「脱原発」ワンイシューの馬鹿馬鹿しさ(原発政策に対して都知事は何の権限もないので、実現のプロセスがあるのかさえもわからない意味不明な訴えでした)については過去記事で言及しましたが、加えて全候補者が猪瀬の問題追及をしようとしないことに、多くの都民が疑問を感じたはずです。

 

「自公の固定票が200万票ぐらいありそうなので、それを固めれば舛添氏当選確実」ということだけは気持ちわるいぐらいに当たりました。しかし210万票しか得票できなかった現実は『自公の固定票以外何もない』ということを表しています。

細川氏については読めない要素が多かったのですが、もともと浮動票しか狙えない候補者のため、46%の投票率の影響を一人で被りました。

意外だったのは宇都宮氏です。脱原発を訴える左翼系支持者が分裂する影響もあって共産党固定票の50万票程度かと思いましたが、前回を上回る98万票は大健闘と言えるでしょう。「舛添も細川も嫌だ」という層の受け皿になったと分析します。

田母神氏はほぼ見込み通りでした。(ただし最初は宇都宮氏よりも上だと思っていました)いわゆる泡沫候補者の票を食った印象もありますが、もし田母神氏が立候補をしていなかった場合、舛添氏にプラスだったのか、細川氏にプラスだったのか、あるいは棄権や泡沫候補者だったのか?61万票は決して少なくない数ですので分析してみたいところです。

 

最後にRK独立党がくっついた鈴木たつお氏は12,684票でした。これについてはRKブログの敗戦処理をご覧ください。私からは特に何もありません。

私から申し上げたいのは一言だけ。

独立党内部に潜入した中核派を中心とした裏社会部隊がこれから何をするのか?テロ?

 
 

2014年2月 9日 (日)

【NEWS】都知事に舛添氏初当選=宇都宮、細川氏ら抑える

都知事に舛添氏初当選=宇都宮、細川氏ら抑える
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/tokyo_gubernatorial_election/?id=6106646

2月9日(日)20時1分配信    

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選が9日投開票され、無所属で新人の舛添要一元厚生労働相(65)が、前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)=共産、社民推薦=、細川護熙元首相(76)、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)ら無所属や諸派の新人15人を退け、初当選を確実にした。原発の是非を含むエネルギー政策や首都直下地震に備えた防災対策などが争点となった。

 

 

投票率低下に伴う予想修正

投票率53%程度と思っていましたが、悪天候もあって更に減る可能性が高まりました。
一応選挙マニアとしての予想をアップしておきます。


                                                               
投票率53%前後
舛添 2,150,000
細川 1,750,000
田母神 650,000
宇都宮 500,000
その他 300,000
5,350,000
投票率45%前後
舛添 2,100,000
細川 1,250,000
田母神 450,000
宇都宮 500,000
その他 200,000
4,500,000


 

私としては、マスコミが煽った割には盛り上がらない選挙戦だったように感じています。原発争点にした時点で多くの人が興味を失ったでしょう。
そして猪瀬問題には誰一人言及せず。
※宇都宮氏が「百条委員会なら歓迎」と言ったようですが、都議会は既に見送った経緯があり、更にいれば都議会は自公が多数派です。それと対峙して「猪瀬問題追及」を掲げてリーダーシップをとることを期待している人の支持も失いました。

 

マクドナルドで飯食うのと一緒。
ハンバーガー、チーズバーガー、ホットドッグ、フィレオフィッシュしかないのです。
アジの開き定食は絶対に食べられないようになっているのです。

「投票したい候補者がいない」

多くの人がそう実感しているでしょう。


あるものの中からしか選べない状況で選挙が行われ、その結果が「民意」ということにされてしまいます。

これが作為的に演出されていることに気がつきましょう。

 

ぜひ過去記事をお読みください。私の主張する「釈迦の掌の孫悟空」状態がわかっていただけると思います。

 

<追記>cocologh09こと定額給付金男的 『政党別分析・評価』
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/cocologh09-cc2b.html

 

ねじれ解消に協力する維新・みんな・民主。これこそが政治の茶番
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-d1f4.html

 

2014年頭にあたり
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/2014-4280.html

 

本日は東京都議会議員選挙当日です
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-e10d.html
 

 

投票率速報 14時現在15.87%(期日前投票除く)

東京都選挙管理委員会 ツイッター
https://twitter.com/tocho_senkyo?original_referer=http%3A%2F%2Fwww.senkyo.metro.tokyo.jp%2F&profile_id=1023670214&tw_i=432027144177201152&tw_p=embeddedtimeline&tw_w=311408582820237312

 

 

東京都選挙管理委員会 ‏@tocho_senkyo  · 28分 
【東京都知事選挙 推定投票率】
14時00分現在の都内の推定投票率をお知らせします。
男17.31% 女14.48% 平均15.87%
前回推定投票率 平均27.34%
※期日前投票の数字は含んでいません。

都知事選 期日前投票の結果

都知事選 期日前投票の結果
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/topics/h26earlyvoting.pdf

有権者比10%を下回ったようです。

2014年1月23日 (木)

【NEWS】猪瀬前知事から聴取 地検特捜部、5千万円受領問題

猪瀬前知事から聴取 地検特捜部、5千万円受領問題
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000009-asahi-soci

 

 東京都の猪瀬直樹前知事(67)が医療法人「徳洲会」グループから現金5千万円を受け取っていた問題で、東京地検特捜部が猪瀬氏から任意で事情聴取したことが22日、関係者の話で分かった。5千万円は2012年の都知事選の告示直前に提供されており、特捜部は5千万円と選挙との関連について、猪瀬氏に説明を求めたとみられる。

 特捜部は今月7日、大学教授らが「5千万円は選挙に備えた資金で、公表できない闇献金だ」と主張する、公職選挙法違反(収支報告書の虚偽記載)容疑などでの告発状を受理し、本格的な捜査に着手。猪瀬氏への聴取はその一環で行われたとされる。

 猪瀬氏は都議会などで「5千万円は個人的な借り入れ。一切手をつけずに返済した」と説明。しかし朝日新聞の取材で、猪瀬氏側が当選直後の12年12月下旬、徳洲会との仲介役だった新右翼団体「一水会」の木村三浩代表(57)に「当選の謝礼」として500万円を渡したことが判明。これが5千万円の一部だった疑いが浮上している。

 

朝日新聞社

2014年1月16日 (木)

「猪瀬前都知事の金の問題を明らかにする」と言う候補者はいないのか?

Kouhosha

 
 
東京都知事選の主な立候補者が出揃いました。
当初は宇都宮氏、舛添氏、田母神氏の3名かと思われましたが、突如細川氏が立候補を表明したことで実質的な与党候補である舛添氏が本命と見られていた選挙戦の様相が一変しました。

マスコミ報道では細川氏が掲げる脱原発が焦点のようになっていますが、そもそも日本の原発政策を唯一・最大の争点として東京都知事選挙を行われることが矛盾します。
確かに東京都知事はその規模や首都機能という点において国政レベルの問題に対しても大きな影響力を持ち、単なる一首長ではありません。しかし影響力はあくまで影響力でしかなく、こと原発政策に対しての役割と権限は全くありません。

ご存知のように東京都には原発そのものはありませんし、他県の自治体に対しての権限もありません。もちろん国会での議決にもかかわれません。東京都が東京電力で株主であるということも一部で言われていますが、資料によれば東京都の持つ株はわずか1.2%に過ぎません。それで東電に対し何が出来るのでしょうか?
 
 
株式等の状況
Kabunushi
 
 
細川氏が本当に「脱原発には東京都知事になることが必要」と言うならば、東京都知事職としてどのような脱原発へのプロセスがあり得るのかを示すべきです。


この「脱原発争点」については異論を唱える声も上がっています
 
脱原発は都知事選の争点にふさわしいのか
http://seiji.yahoo.co.jp/close_up/1454/
 
 
 

さてわずか1ヶ月ほど前の出来事ですが、皆さん覚えていらっしゃるでしょうか。

なぜ今回都知事選挙が行われるのかといえば、猪瀬前都知事がスキャンダルにより辞職したためです。
こちらの表は歴代の東京都知事の一覧です。

 
Photo
 
 
 
あまり多く語られない事実なのですが、実は歴代の東京都知事の中でスキャンダルによって辞職したのは猪瀬前都知事が初めてです。
猪瀬氏の前の石原氏が任期途中で辞職していますが、これは国政選挙に出馬するためでありスキャンダルではありません。実は石原氏も「途中辞職」した初めての都知事で、それ以前の歴代都知事は全て任期を全うしているのです。

猪瀬氏が前回の選挙で「史上最多の433万票を獲得して当選」であるとマスコミは書き立てましたが、そんなことより「金銭スキャンダルで辞職した初めての都知事」の方がよっぽど重要です。
 

猪瀬氏と徳洲会の問題について、都議会は百条委員会を開いてまで追及する姿勢を見せましたが、猪瀬氏の辞職で撤回されました。

猪瀬知事に退職金1千万円 都議会は百条委員会撤回を決定
http://www.huffingtonpost.jp/2013/12/20/naoki-inose-resignation_n_4477852.html

そして次期都知事候補者の誰一人として「猪瀬氏と徳洲会の金の問題を明らかにする」と言いません。

都議会が真相究明を放棄し、次期候補者は誰一人として猪瀬氏の問題について究明の立場を取らない。つまり「史上初の金銭スキャンダルによって辞職した猪瀬前知事の問題の真相究明」という選択肢は、東京都民にはないのです。

左翼系の宇都宮氏まで含めて全員が猪瀬氏の逃げ切りを許し、そして意味のわからない「脱原発争点」を煽るマスコミ。もちろん都議会も含め、その全てが東京都民から前都知事の金の問題を究明する権利と機会を奪っているのです。

 

一昨年の1216衆院選もそうでした。当時の野田首相民主党政権が「社会保障と税の一体改革を与野党合意で導入したことの信を問う」(簡単に言えば消費税率アップについて)として解散・総選挙を行ったのに対し、受けて立つ側が「原発政策が争点」という意味のわからないものを全面に掲げ、国民には増税回避の選択肢がなかったのです。

※もちろんそんなことは意図的です。政党・政治家は戦うポーズを見せているようで、実はプロレスであり、裏で戦わず談合しているのです。

誰が何と言おうが2012衆院選の争点は「消費税」
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/10000-7ecf.html

 

東京都民は忘れてはいけません。

そもそもなぜ今回の選挙が行われるのか?それは「猪瀬前都知事が金銭スキャンダルで真相を明らかにしないまま辞職したから」です。

 

2014年1月14日 (火)

【NEWS】細川氏出馬表明

<都知事選>細川氏出馬表明「原発は国の存亡に関わる問題」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140114-00000041-mai-pol

 猪瀬直樹氏の辞職に伴う東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、細川護熙(もりひろ)元首相(76)は14日午後、「私も都知事選に立候補する決断をした。日本のさまざまな問題、特に原発の問題は国の存亡に関わる問題だ」と述べ、都知事選への出馬を表明した。東京都内のホテルであった小泉純一郎元首相との会談後、記者団に語った。小泉氏も会談後、記者団に「原発の問題で共感できる。細川氏を強力に支援していきたい」と述べ、細川氏を全面的に支援する考えを示した。細川、小泉の両元首相の脱原発での連携で、原発政策が争点として急浮上し、安倍晋三首相の政権運営にも影響しそうだ。

 

【細川氏の出馬に賛否】「政治経験、十二分にある」と「都政で何がしたいの?」

 

 会談は約50分行われた。小泉氏は記者団に「原発ゼロで日本は発展できる。それが細川氏を支援する最大の理由だ」と説明。「原発問題は都政と関係ないと言うが、東京が原発なしにやっていけるという姿をみせれば、必ず国を変えることができる。国政にも十分刺激を与える」とも述べた。さらに「原発ゼロでも日本は発展できるというグループと原発なくして日本は発展できないというグループの争いだ」と強調。支援の方法については「演説会や会合に出て支持を訴える」と語った。

 

 細川氏は15日にも出馬の記者会見を開く。細川氏は政党の推薦を受けず無所属で立候補する意向を固めている。民主党は推薦などを出さずに、実質的に支援する意向だ。

 

 ただ、細川氏は1998年に政界を引退して15年以上経過している。このため、陣営内には知名度が高い小泉氏との連携は不可欠との声があった。今回の会談で小泉氏が支援を明言したことで、出馬を決断した。

 

 都知事選には、舛添要一元厚生労働相(65)▽前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)▽元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)▽発明家のドクター・中松氏(85)らが出馬する意向を表明している。【光田宗義、阿部亮介】

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想