« arait9343のブログ「質問をいただきました」のご紹介 | トップページ | エアー不正選挙追求ですか? »

2013年1月 4日 (金)

不正選挙訴訟・藤島利久氏の現況

昨日藤島氏から公開質問への回答をいただき、現況が見えてきました。

以下回答内容からまとめです。

訴状には2つの要点

①投票集計データの改ざん(不正選挙)

②マスコミによる国民洗脳

があるが、主眼は②マスコミの方であり、藤島氏が確信を持って訴訟する内容は②マスコミによる国民洗脳である。

投票集計データの改ざん(不正選挙)については情報収集中であり、現状では確信をもつに至っていない。

訴状が「①②のどちらかでも要件を満たす」となっているため、①については訴訟内容に含まれるかどうかは現在のところ未定である

訴訟自体は個人で行うもので、生活の党(旧未来の党)は何も関与しない

藤島氏が今後生活の党(旧未来の党)で党員として活動するかどうかは未だ未定である。(一月末頃にははっきるするのではないか?)

仮に生活の党(旧未来の党)で活動した場合、党から「訴訟は党員として相応しくない」との意向があったとしても、訴訟は個人で行っているものなので党とは関係ないと考える。

訴訟の一定の目途(結果)がつくまでは二か月程度と思っている。

さて今回の衆議院選挙で「大量の票改竄による不正」を疑って、藤島氏の訴訟に期待している皆さん。この内容をきちんと把握してください。

「②マスコミによる国民洗脳」だけでも訴訟は行われます。そして藤島氏が確信をもっているのはこちらです。

「①投票集計データの改ざん(不正選挙)」については1月3日時点で情報収集中であり、訴訟として盛り込めるかどうかは未定です。

もし藤島氏の訴訟に「①投票集計データの改ざん(不正選挙)」を期待するなら、訴訟開始まで(厳密な日時はわかりません)に「訴状に盛り込めるだけの内容を伴った資料が必要です。

現在ネット上にある「3分で覆されるネタ」程度では訴訟になりません。

よく理解してください。

なお、藤島氏の訴訟を飯山一郎氏が応援しています。

【不正選挙裁判に】 街カフェTV藤島利久さん 【命がけで臨む!】  
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-2802.html

私はどうしてこの訴訟が「命がけ」ということになるのか全然わかりませんが、まぁ比喩でしょう。重要な内容だとは思いますが、実際に藤島氏の命が晒されるようなものではないと思います。

« arait9343のブログ「質問をいただきました」のご紹介 | トップページ | エアー不正選挙追求ですか? »

コメント

お疲れ様です。
本来なら、自分で検証すべく事柄を、正月のいとまも惜しまず発信して下さる事に、僭越ながら労いの言葉を送らせて頂きます。
ひょんな事から、ここに来なければ、喜び勇んでビラ撒きに勤しんでいたと思います。
自分なりに整理して、考えたいと思います。

名乗る程の者ではございません さん

お世話さまです。

>ひょんな事から、ここに来なければ、喜び勇んでビラ撒きに勤しんでいたと思います。

このブログをはじめた理由はそのことでして、駅伝に映ったとかうっかり置き忘れ作戦とかを夢中になって実行されている方(煽るだけの工作員もいます)やリチャードさんに冷静になってもらうためでした。
ですのでこのようなコメントをいただきますと、力が及ぶ範囲は狭いけれどやってよかったという気持ちです。

不正を疑って追及することは「客観的な検証をせず、不正があったというだけのビラを迷惑行為のように撒くこと」ではないと思っています。
※「不正かもしれないから情報を集めてます」ならいいのです。(迷惑行為はなしで)

知らなかったことやわからないことは自ら学んでいけばいい。
ネットで様々な角度の情報を集めたり、知人などに選挙業務従事者がいれば話を聞いてみる。
選管や総務省に聞けることは聞けばいいし、情報開示請求という手法もあります。(実は通行人311さんが一部準備をはじめてます)
それで不正がありそうだとなれば証言や物証、論理的仮説をかためて訴訟することもできます。

今の「ビラ撒き作戦」はカルトと言われても仕方がありません。
「UFOは存在した!」というチラシと撒いているのと同じです。「どのようにやったのか?」という疑問に何も答えられないのですから。

「裏社会は何でもやるからあたりまえ、具体的なことわからないがそうに決まっている」は、
「あの人は粗暴だから殺人をしてあたりまえ、証拠もアリバイも要らない」ということです。
そんなことが一般社会で通用するでしょうか?

ただみんな悪意をもってやっているわけではなく、裏社会と戦って明るい日本や世界の未来を切り開こうとしています。
その点は私の目的である「日本がアメリカから真の独立をすること」と同じ方向です。
ですからリチャードさんをはじめRK独立党員や心情党員は仲間だと思っています。

方法論が違ったりするのはある意味当たり前のことです。
重要なのは目的や目指すものが同じかどうか。

少々生意気いいました。
これからもどんどんコメントお願いします。

リチャード氏のブログにて、こちらのブログの紹介文句には、工作員ブログとの添え書きが御座いましたので、面白半分で訪れたのですが、読めば読むほど、冷静と言うのか、熱が冷める感覚を実感しました。
工作員ブログとの先入観は怖いものですね。
まずはその前提で見てしまいますから。
訴える事全てを工作員が発する事と見なしてしまいがちです。
これは自分自身を省みて思う事です。

リチャードさんのブログには選挙直前あたりからコメントが承認されてませんし、独立党の掲示板にも書き込みできません。なのでこのブログを独立党員・心情党員の方に知っていただく機会がなかったのです。

そこで裏社会の方々に少しお力を借りました(笑)

裏社会チームの方にこのブログを知ってもらうちょっとした仕掛け

知ってもらえさえすれば、反RK独立党の内容ならすぐに飛びついてくるという読み

外部工作員はブログで取り上げる(アクセス増える)
潜入工作員(?)は「工作員ブログ」としてリチャードさんのブログにコメントしてくれる(アクセス増える)

本当に酢味噌氏やその他の方のコメントは助かりました。
どんなレッテルであれ、URLをコメント欄に記載してくれましたので(笑)

こんな経緯ですから、RKブログコメントから来ていただいた方はある程度の先入観があっても仕方がないかもしれません。
あとは来ていただいた方々にきちんと内容を読んでもらえるかどうか。
名乗る程の者ではございませんさんのように「ちょっと待てよ?」と思って過去の記事をいくつかでも読んでいただければ、工作員ブログなんかではないことがすぐ分かってもらえるはずなんです。

ちなみに裏社会からすぐにお近づきがあったのですが、完全無視を決め込んだらすぐに罵倒されました(笑)
この記事のコメントを上から読んでいただくと豹変ぶりがよくわかります。

http://internetviking.at.webry.info/201212/article_10.html#comment

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« arait9343のブログ「質問をいただきました」のご紹介 | トップページ | エアー不正選挙追求ですか? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想