« 猫旅館女将氏(丸子睦美)の支離滅裂虚偽発言と原告団募集詐欺の解説⑨ | トップページ | リチャードさん、意図的な歪曲は止めてください。訂正を求めます。 »

2013年3月 3日 (日)

不正選挙訴訟原告団の追加原告申請が却下されたもよう<追記あり>

猫旅館女将氏のコメントおよびカズ氏のツイッター発言から、東京高裁から「追加原告申請は却下」という判決文が送達されたようです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

不正選挙裁判の原告でございますが、大変な事件が勃発。高裁は、「追加原告を、補正書類で提出することが可能」と言ったので、私は毎週足しげく、高裁に通い、多いときには週に3回行った時もあり、ともかく、追加原告も加えて、原告を60名にしたので、いつ、追加原告が正式な原告として認定されるか、楽しみにしていました。

ところが、手のひらを返したように、「原告追加の判決文」が高裁よ今朝り送達されました。以下要約

 

主文

原告らの訴えをいずれも却下する。訴訟費用は原告らの負担とする。

 

理由

行政事件訴訟法18条所定の第三者による請求の追加的併合の規定は、既に係属中の他人間の訴訟について、当事者でない第三者が関連請求に係る訴えを主観的追加的に提起することを認めた規定であるが、この訴訟は、新たな訴えの提起であるから、出訴期間その他の訴訟要件を具備した適法なものであることを要すると解される。

本件原告らの訴えは、選挙の日から30日を超えて提起されたものであって、出訴期間の経過後に申し立てられたことになるから、不適法であり、その不備を補正できない。

よって、行政事件訴訟法第7条、民事訴訟法140条を適用して、本件訴えを口頭弁論を経ないでいずれも却下することとし、主文のとおり判決する」

 

猫旅館女将
2013/03/02 15:29

 

続き

原告追加のための補正書類提出を認めると、裁判所は言っていたのに、なんとひどいこと。

提出を認めたのであって、追加原告を正式原告として裁判官が認知すると言ったわけではないと言って、逃げるのでしょうけれど、なんという狡猾さ。

被告の中央選挙管理委員会と裁判所が組んでいるから、こちらは主張しようがない。

北海道から九州までいる60名近い原告に、それぞれの地域のことを追及されるのが怖いから、原告認定するのが嫌なのだとは、容易に想像がつくけれど、これは日本全国のための衆議院議員であり、県知事選挙や市長選挙ではなかったはず。

議員は、国政に携わるのであって、特定の地域のみのために働くわけではない。
4日後に不正選挙裁判が迫っているというこの最後の土壇場で、原告認定待ちの人たちを全員切るというのは、なんという横暴。

私たちは、江戸時代に生きているのか。

大変な状況だから、これを皆さんにお知らせしたい。

 

猫旅館女将
2013/03/02 15:32

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

カズ(放射能避難民村を作る!)@KaZuMaRu0617

 

@iwakamiyasumi ブラック原告4名を内部告発したことにより新たな動きがありましたので、報告致します。選挙異議申し立て原告団「不正選挙の会」の唯一の連絡手段であるYahoo!グループのメンバーから、何の連絡も無く解除されました。これを原告4名の宣戦布告と捉え、対応します

9:45 - 2013年3月2

 

@nakadajun5 先ほど、東京高裁より特別送達にて補正による追加原告が全員却下となりました。 これにより、大場、原、他2名、当該原告4名による原告団詐欺が成立するかどうか弁護士並びに警察と協議することが可能になりました。 本日より、協議を開始させて頂きます。
11:44 - 2013年3月2日

 

選挙の異議申し立て原告団発起人の大場氏、自分で無茶苦茶なことをしておきながら全てを妨害工作ということにしたいらしい。許せない! HP http://www.tm256.biz/project-EFB/ 3/6 裁判の口頭弁論 http://xn--ihqy62c45f653b.jp/summons

18:38 - 2013年3月2日

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

  

<cocologh09解説>

猫旅館女将氏は相変わらず馬鹿丸出しです。

「補正書類を提出することができる」というのは「全て無条件に認められる」ということではありません。

あたかも東京高裁に騙されたような口ぶりですが、これは筋違いの責任転嫁です。

 

この原告追加を「補正書類を提出すれば大丈夫」と言って募っていたという事実があれば、詐欺にあたる可能性があるでしょう。(場合によっては金銭授受も発生している可能性があります)

 

それを「カズ」(追加申請者で、数日前から村田氏とツイッターで話をしていた)という人が、原告団の行為が詐欺に当たるかどうかを警察と弁護士に相談をするということのようです。

カズ氏は被害当事者(村田氏は被害者ではないので告発だけ)なので、告訴できる立場にいます。

 

もし告訴によって警察が動き出せば、まず4人が捜査対象。

そして丸子氏、伊藤氏が「自分は独立党員でリチャードさんに言われた」と証言したり、あるいは証言が無くとも警察が「背後関係があるのではないか」ということでRK独立党が捜査対象になる可能性があります。

 

リチャードさんは「裁判になれば喜んで出ていくから楽しみ」と言っていますが、これは不正選挙の裁判と関係ないのです。

「原告団参加を語った詐欺」なのです。

リチャードさんが出廷するなら「犯罪容疑者」として裁判を受ける立場になり、それは自らの言説を語る場ではない(無罪=原告4名とは関係ない、自らの無罪を主張する場)のです。

 

 

もちろんこの可能性は高くないかもしれません。私の杞憂かもしれません。

しかし「相手は悪魔で何でもする」とリチャードコシミズ独立党は言ってきたはずです。

それなら十分可能性があると思わなければ、自らの主張と食い違ってしまいます。

 

原告4名および村田氏は初めからつながっている裏社会のメンバーです。

この一連の騒動は独立党を巻き込んで貶めるためだけに行われています。

それなら十分警戒して、必要に応じで手を打つべきと思います。

 

 

追記

 

どうやらリチャードさんは猫旅館女将の主張を正しいものだと認めたようです。

原告団追加申請却下を「裏社会御用達の司法の邪魔」と解釈しました。

 

  

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201303/article_11.html

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

不正選挙裁判で裏社会御用達の「司法」が訴訟の邪魔をしてくるであろうことは十分予想できたけれど、「やっぱり」のようです。

訴訟を「全国規模」から「一部地方案件」にしてしまう策略をゴロツキ判事が仕掛けてきたということでしょう。

これで、数々の「疑惑」の追及ができなくなる?

 

司法の腐り具合を喧伝するチャンスにすれば訴訟の意味は半分果たせると思う。

裏社会の焦りの結果とみて上から目線で冷たく裁判所方面を見下ろしましょう。

原告の方は、司法屋の言うことを録音してネットで暴露。「ネット祭り」が最大の武器。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

« 猫旅館女将氏(丸子睦美)の支離滅裂虚偽発言と原告団募集詐欺の解説⑨ | トップページ | リチャードさん、意図的な歪曲は止めてください。訂正を求めます。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫旅館女将氏(丸子睦美)の支離滅裂虚偽発言と原告団募集詐欺の解説⑨ | トップページ | リチャードさん、意図的な歪曲は止めてください。訂正を求めます。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想