« 【転載】平成25年行ケ102号裁判 | トップページ | なるほど、「成甲書房(朴甲東)」ね。 »

2013年11月19日 (火)

犬丸勝子氏が『「武力をもって」とにわかに過激な行動に出るしかありません。』

裏社会、独立党をカルト化・暴徒化・似非右翼化を推進中。リチャードコシミズ完全陥落で万事順調のようです。

 

暴君ネロも真っ青!
http://seigida.blog.fc2.com/blog-entry-91.html

不正選挙裁判も口頭弁論を終え、判決言い渡しが行われているところです。
しかし、おかしな裁判です。いくら100日ルールがあるとはいえ
十分な証拠調べもせずに結審するのです。
さらに犬丸かつこが候補者として起こした裁判では、なんと
口頭弁論さえ開かずに結審すると言う見事なまでの不正裁判でした。

それらを経験した私はこの憲法で国会のところを書く時に
いかさま、ごまかし、嘘つき、欺罔、欺瞞、詐欺・・・などの言葉が脳裏でぐるぐる回って仕方がありません。


自民党ではありませんが憲法改正しましょうか!
憲法前文だけ守って後は全部削除しましょうか!
もちろん今ある法律も全部捨てましょう。
そして、前文の趣旨に沿って新たな法律を作りましょう。
国民主権が生かされた法律を作りましょう。
公務員や、国会議員の行いに対する責任の取り方も、今のように
あいまいとしたものでなく、きっちり明文化しましょう。

その間、自民党さんにはお暇を取っていただきましょう。
お暇を取ると言う意味は分かりますよね。休んでいただきましょう。
いえ、永遠にお休みとっていただいてもかまいません。
さらに、自民党に追随するしか芸のない野党連中にも
同様にお暇を取っていただきましょう。


ここまで言ってもいいですよね。
だって、私以外の政治家は誰ひとり不正にたいして
立ち上がらないのですから!

私達の国体(国の形態)を決める選挙が不正選挙!
それを提訴して裁く裁判が不正裁判ときたら私達に残されているのは?
実力行使しかありません。戦いましょう。「武力をもって」とにわかに過激な
行動に出るしかありません。ここまで追い詰められています。

東京ブログです。憲法43条・44条の参考にしてください。

日本国憲法
第四十三条 両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。
② 両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。

第四十四条 両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない



自民党改正案
(両議院の組織)
第四十三条 両議院は、全国民を代表する選挙された議員で組織する。
2 両議院の議員の定数は、法律で定める。

(議員及び選挙人の資格)
第四十四条 両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律で定める。この場合においては、人種、信条、性別、障害の有無、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によって差別してはならない

※赤字の部分が変わっているところです。

ここで変わったところは選挙人の資格のところで「障害の有無」という言葉が加わったところでしょか。
前回も言いましたが、この辺りは特に変更する必要がないのです。
憲法の前文が全く変わっています。天皇が国家元首です。
また、天皇に憲法を守る遵守義務も削除しています。
もう暴君ネロも真っ青です。しかも拷問の絶対禁止もないのですから。
戦前以上にすさまじい世界も驚く中央集権国家になることでしょう。

ツイッターでぼぞぼそつぶやくこともできないでしょうね。
都合が悪いことは今でも消されますから!



お知らせとお願い

不正選挙を活字にしたいと思います

この計画に協力ください。
広告収入の代わりに皆様に紙面を買っていただきたいのです。
A4版の4分の1が5000円です(記事も書いてくださいね)
その資金で雑誌を作ります。詳しいことは直接メールでお知らせします。
協力してくださる方は下記に振り込んで下さい。
振り込んだ際にメールもいただけると助かります。
 起こした裁判、平成25年(行ケ)第〇〇〇顛末記
等のように裁判ごとに紙面を飾っていただくと言うのも
良いかもしれません。
※不正選挙の記事以外でも構わないかという質問も受けます。
この私たちの戦いはきっと後世に語り継がれるだろうと考えます。
それを
私たちの手でゆがみのない記事として残しておきたいのです。是非ご協力ください。


振込先は下記の通りです。
ゆうちょ銀行 国家問題研究所
記号17430 番号 84910361
他の銀行からの場合
ゆううちょ銀行:国家問題研究所
店名 七四八(読み ナナヨンハチ)
店番748 普通預金 口座番号8491036

不明な点は不正選挙と正しい選挙を目指す犬丸かつこにお尋ねください。
kattchan@room.ocn.ne.jp

 

« 【転載】平成25年行ケ102号裁判 | トップページ | なるほど、「成甲書房(朴甲東)」ね。 »

コメント

 ついに正体を現したという感じです。いつ正体を出すだろうか、という点にずっと関心がありました。最近のあちらのブログの動きで「もしや?」と思っていましたが、出来過ぎという位の動き。

 「定額ナントカがテロの首謀者で・・」とか騒いでいるのですから、「しっかりこの記事を取り上げて騒げ!」と言いたい気持です。(記事リンクしっかり貼った上でね。笑)

 当ブログで半年以上も前から、裏社会の思惑について角度をいくつも変えて記事しています。その想定にピッタリの動きをする人物ですから、「いずれ必ず・・」と思っていました。(犬丸氏自身は只の役者、山本太郎のようなものです。本人の人柄とか思想などを持ち出して評価をするのは頓珍漢な話)

 当ブログの過去記事を熱心に読んできた人は当然としても、そうではない、全く過去記事を読んでいない人でも、参院選挙の犬丸氏の行動だけで「?」がいくつも出てくる筈です。

 無名の新人候補が立候補して、真摯な気持ちで国政で発言していこうとするなら、まず当選することを考える筈です。当選する為には、無名であればまず最初に頼りにするのは地元での知名度です。それを無視して、わざわざ東京に出てくる。しかも、選挙活動よりも独立党とコラボすることの方が熱心。売名行為の為の立候補であって、議員になることはどうでもいい人の動きですね。

 「じゃあ何の為に立候補したのか?」と考えると、「RKと独立党は頭のオカシイ集団」の宣伝と考えるとシックリきます。出来れば「生活の党」も巻き込みたいのでしょうけど、これは猫オカミその他の役割なのでしょう。

 大体、「武装蜂起」なんてアナクロ過ぎませんか!もし本気でこんな呼びかけで武装蜂起出来ると考えているとしたら、本物の○違いです。そこまで頭が悪いとは考えにくい。(一応経営者です)

 でも「ゾウさん帽子の同類、RKと独立党」と宣伝する目的なら、十分に効果を発揮します。

ドーナツ盤と絶滅危惧種 さま

おはようございます。
犬丸氏といえば「党名じゃなくて候補者の名前を書けるようになったのはいつからですか?」発言ですね。


7月27日リチャードコシミズ高松講演会ゲスト犬丸勝子
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/727-0432.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
犬丸「私が見たのは、目黒の開票所の真ん中で手で仕分けしているですよ。
機械で仕分けると聞いていたのですが、そこでは手作業だった。
そこで比例区の票を見たのですが、党名じゃなくて候補者の名前を書けるようになったのはいつからですか?」
(この人は選挙の仕組みを知らないのでしょうか?2001年から参議院は非拘束名簿方式。犬丸氏がこれまで国政選挙で投票をしてきたのか疑問です)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


10年以上前の基本的な制度変更を知らずに立候補・不正追及をしているのです。
そしてリチャード氏が「犬丸候補のような真の国士を国会へ送らなくてはならない」と(確か池袋講演会あたりで?)発言。

恐ろしいことに犬丸氏は元教員です。
この馬鹿な頭で子供たちに何を教えていたのか?(確か組合にいじめをうけて辞めたとか言っていた記憶があります)


>大体、「武装蜂起」なんてアナクロ過ぎませんか!

「ネットでパソコン一台あれば戦える」が、「違法行為・迷惑行為で戦う」という路線に変化したこともあわせて「時代遅れのユダヤ戦法」ですね。
この「武装蜂起」って一般用語ですかね?
私は左翼が使う用語だと認識しているので、こういう言葉を使用することで、犬丸氏がどんな人脈のものとで活動しているのか想像がつくと思っています。

講演会動画で(確か参院選投票日前の池袋?)犬丸氏が「不正がなかったら犬丸は受かります!」といった発言をしていたのを見て「実績なし知名度なし、しかも東京。当選する要素が何もないのにすごいハッタリだな」と思った記憶があります。(当時は、ハッタリ体質?講演会の空気に酔った勢い?などと思っていました)

「よっしゃよっしゃ」でしたか、担ぎ出されて行動している印象に加えて、この犬丸氏の文章からも冷静さや判断力は感じられません。
>「武力をもって」とにわかに過激な行動に出るしかありません。
こんな短絡的・好戦的な考えを持つ人が政治家なんてとんでもなく勘弁ですが、表に立たせるに都合が良いキャラクターというのは実に納得です。今後の犬丸氏の動きにも注目したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【転載】平成25年行ケ102号裁判 | トップページ | なるほど、「成甲書房(朴甲東)」ね。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想