« RK独立党の闇を語る父と子の会話4 『歴史に残る』② | トップページ | RK独立党の闇を語る父と子の会話6 名護市長選 »

2014年1月20日 (月)

RK独立党の闇を語る父と子の会話5 『歴史に残る』③

リチャードコシミズ独立党の闇を語る父RKと息子ヒロシの会話5
『歴史に残る』③

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2013.11.2_03/08 リチャード・コシミズ「歴史に残る」池袋緊急講演会
http://www.youtube.com/watch?v=CxZ8Hl3zMQw

6
(8分50秒頃~)
インチキの裁判記録でごまかそうと思っていたものが、できなくなった。
動画は出ている。音声は出ている。
裁判長の言ってることがめちゃくちゃはちゃめちゃ。

まだ出ていないけど100号裁判というのがある。

(中略)

原告が「裁判長を忌避する」といったら、裁判長は大喜びをして「じゃぁ、結審」。
ちょっと待てよ。忌避したら結審していいの?
忌避されたら決心できないんじゃないの?
しかも原告が忌避するって言った瞬間に忌避が成立するの?
もうはちゃめちゃ。
こんなの裁判でも何でもない。

そんなやりとりが表に出なければ奴らはなんとでもなる

(後略)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<父RK(以下RK)>どの裁判もヒドイものばかりで、この100号裁判もそのうちの一つだ。しかしこうやって動画や音声が出回ってしまえば、連中は何も隠ぺいできない。そして世の中が「こんなヒドイ裁判はない」と憤り、覚醒するのだ。

<息子ヒロシ(以下ヒロシ)>なるほど。動画・音声によって事実がはっきりするということだね。

<RK>その通りだ。

<ヒロシ>僕も聞いてみたよ、その100号裁判の音声を。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
100号裁判の音声
創価直営★東京高裁★インチキ不正選挙裁判100号

http://www.dailymotion.com/video/x16qew0_%E5%89%B5%E4%BE%A1%E7%9B%B4%E5%96%B6-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%AB%98%E8%A3%81-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%AD%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E9%81%B8%E6%8C%99%E8%A3%81%E5%88%A4%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%E5%8F%B7_news
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<父RK(以下RK)>どうだ、裁判がハチャメチャなことがよくわかるだろう。

<息子ヒロシ(以下ヒロシ)>う~ん・・・

<RK>なんだ。

<ヒロシ>父さんが講演会で話した原告や裁判長の描写はかなり喧嘩口調で荒っぽい様子だけど、実際は落ち着いたやりとりをしているように感じるね。原告も冷静だし、裁判長も丁寧に答えているよなんだけど。

<RK>そんなことはない。ヒドイ裁判だったぞ。

<ヒロシ>そうかな~?僕には裁判より父さんの嘘の方がヒドイと思えるけど。

<RK>なんだ、父さんの嘘って?

<ヒロシ>父さんの話では原告が裁判長忌避をしたら裁判長が結審したことになっているよね。

<RK>そうだ。原告が裁判長を忌避しようとしているのに、即裁判を結審するなんておかしいだろ。

<ヒロシ>おかしいのは父さんだよ。この録音を聞く限り、原告によって裁判官忌避が申し立てられたためにその日の裁判は続けられなくなった。だからその時点で裁判長が本日の審理を終了すると言っている。結審する(裁判自体を終わらせる)なんて一言も言っていない。それなのに父さんは「結審した」ことにしてしまっている。これは事実と違うよね。

 

<RK>・・・

<ヒロシ>この録音ではっきりとわかるのは父さんの裁判描写がずいぶんと脚色されていて、さらに嘘(事実と違うこと)によって不当に裁判長を貶めている事実だね。

<RK>あ、父さん用事を忘れてた。ちょっと出かけてくる。

<ヒロシ>また逃げたよ。

講演会はこの後合唱などがあり、まともな神経では見られません。昔父さんが10.1の西村襲撃動画を「こんな卑しい連中を、まともな人は見ていられない」と言っていましたが、この講演会動画はそれと全く同じです。

後半で父さんがこんなコメントを紹介しています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京高裁 もはや逃げる事も隠れる事もできず延々と罪を重ねていくしかない。それしか道は残されていない。 なんとみっともない有り様だろうか。 日本の、それも東京の裁判所が連日こんなみっともない犯罪を犯し続けているなんて日本人として本当に恥ずかしい。

ほぼリアルタイムでネットにあがり、いつでも誰でも、クリックひとつで内容は無修正で見られる。削除は不可能だから、半永久的に晒される。 これからも裁判は続く。衆人の監視のもとで、罪を犯し続けているようなものだ。 往生際の悪い、滑稽で惨めな姿自分達は、果たして理解できているのだろうか?

母うさぎ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<ヒロシ>自分が変節して人間の屑になっているのに、更に相手を罵ることで自分を正当化しようという姿には吐き気がします。

※この「母うさぎ」は独立党乗っ取りグループの一員です。

 

<RK>ただいま~。講演会でも言ったけど、父さん統計学が苦手で大学で3年間履修しているんだ。得票数とか、支持率とかよくわからなくて。エヘヘ。

<ヒロシ>そうだね、父さんは自分たちが「B層」と言って馬鹿にする人たちと何も変わらないということだね。

<RK>どういうことだ?俺は超A層だぞ

<ヒロシ>前の記事で僕が出した数字。ミスリードするための意図的な仕掛けがあるんだよ。気がつかなかった?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
リチャードコシミズ独立党の闇を語る父RKと息子ヒロシの会話4『歴史に残る』②
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/rk4-afb5.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<RK>意図的な仕掛け?そんなもの全く気がつかなかったぞ。

<ヒロシ>父さんの頭じゃわかるわけないよな。

父さんが試算した未来の党の得票約4600万票、そして小泉フィーバーの約2600万票、それぞれ約45%、約26%といったけど、これは有権者約1億人を分母としたときの割合。しかしその後で持ち出した「未来の党の支持率が5.7%」という数字は投票総数(約6000万)に対する割合。本当はこの計算式が正しい。

 

未来の党の比例得票数・約340万票÷全有権者約1億人=約3.4%

 

しかし初めに僕が持ち出したのは
約340万票÷投票総数約6000万人=約5.7%

 

どちらの計算式も間違いや嘘ではないけれど、その前の45%、26%という数字と比較できるのは3.4%で、分母の違う5.7%という数字は比較してはいけないもの。「5%を目指す」という父さんの話に対して「既に5%を超えている」と貶めるためにワザワザ持ち出した意図的な仕掛け。

こういうのはマスコミのニュースや広告に蔓延している。受け手は意図的なミスリードがないか注意していないと簡単に騙されてしまうということ。俗に言う「メディアリテラシー」だね。

植草氏もこういうズルイことをやる人。エラい経済学者の先生らしいから、もちろん意図的だと思うよ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自民党「得票率10%台」という数字のゴマカシ
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/10-e9ec.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<RK>なんか、お前偉そうでムカつく。あ、そうだ。父さんの「5%を目指す」は正しいんじゃないか。だって未来の党の得票率は3.4%なんだろ。へへーどうだ、なんか言ってみろ。

<ヒロシ>父さん、本当に馬鹿だね。だからそもそもの「4600万票があったから裏社会は不正せざるを得なかった」という根拠が事実だとしたら、覚醒者は45%いるはずだから父さんの目標の9倍が既に存在することになる。
そうではなくて3.7%を採用するなら裏社会は不正をする必要が
全くないことになる。
どっちをとっても父さんの主張は矛盾する。話の辻褄が全くあわない。

<RK>ヒロシ、お前のその詐欺師向きな頭と知恵でなんとかならんか。

<ヒロシ>詐欺師向きな頭ってどういうことだよ。だけど父さんの主張と頭は小細工でなんとかなるレベルじゃないよ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
フラ同好会15人のうち、痔民党に投票したのは堂々の0人。未来の党11人。ちゃんちゃん。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201212/article_383.html

フラ同好会15人のうち、痔民党に投票したのは堂々の0人。ちゃんちゃん。
やっぱり、未来の党の本当の得票率は70%!

情報感謝。
2012/12/29 15:48

 

非常に興味深い話し!妻がフラ同好会で15人が茶話会、消費増税・脱原発の話題になり、

①選挙に行った?:13名が行った(投票率85%)

②ほぼ全員が反増税・脱原発。

何党へ投票した?:未来の党11名、共産党2名、みんな党2名、

未来の党支持率は70%=>みんなの総意、選挙結果はおかしすぎる

こんなのばかりですね。ツイッターより。

じわじわ拡散中
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<ヒロシ>「フラ同好会の15人の投票行動をそのまま日本全体に当てはまるのか?」という突っ込みを入れるはるか以前に、15人中13人しか投票をしていないはずなのに、内訳が<未来11+共産2+みんな2>で15人分ある。足し算が合わない。

こんなものを「情報感謝」といって垂れ流す父さんに必要なのは、統計やメディアリテラシー以前に小学校の算数だよ。

<RK>エヘヘ、お後がよろしいようで。

<ヒロシ>お前が言うな。

 

(この回終わり)

« RK独立党の闇を語る父と子の会話4 『歴史に残る』② | トップページ | RK独立党の闇を語る父と子の会話6 名護市長選 »

コメント

はじめまして。

謝罪文

嵐は嫌(『黒い太陽』の元ブログ主)です。

私は独立党から適視されているので、出来れば、非公開にして頂きたいですが、
その辺りのことは、定額給付金男さんに委ねます。

まず、始めに、貴殿に対して、深く謝罪させて下さい。今更、許してもらおうとは、
考えていません。私は、高尾くんみたいに若くはないので、自分に間違いがあったら
しっかりと謝ることが、大人のするけじめだと思い、今日、ここに投稿させて頂きました。

貴殿のことを工作員と呼んだこと、深く謝罪します。本当に申し訳ありませんでした。

本当は、もっと、早くに謝りたかった。しかしながら、私は、所謂、高尾の乱のときに、
独立党から逃げ出した元党員。今の独立党のやばさから考えて、しばらくは、沈黙を
するしかありませんでした。工作員呼ばわりしたことに続き、謝罪が遅くなったこと、
深く謝ります。本当に申し訳ありませんでした。

まず、貴殿や多くの方が、一つ、誤解されていることですが、私と高尾くんとの関係は、
『緩やかな同盟』です。決してイコールではありません。ご存知の通り、高尾くんには、
私の他にも、RKシンパのときには『緩やかな同盟』を結んでいた人間が多数いましたが、
結局、あの騒動で、RKの危険さに気がついたのは、私を含め5人だけでした。私と高尾
くんは、一昨年の12月の選挙の時点から、『一水会による小沢一郎懐柔工作』がある
ことをRKに1年間も訴えてきましたが、RKは、1年経てども、それをまったく取り上げること
なく、また、『在特会としばき隊のやらせプロレス』や『山本太郎の大麻人脈』にも一切
触れることなく、一水会の鈴木邦男と10年らいの友であることを豪語する「あのねあのね」を
擁護して、私達の訴えを無下に退けました。私と高尾くんと他3名は、そこで、RKこそが
裏社会の人間であると感づきました。我々5人の中で、最初にRKの正体を見破ったのは、
私と高尾くんです。

以下、私と高尾くんが今、コシミズ先生に抱いてしまった疑念を列挙します。

①RKのブログのコメント欄は承認制であるので、「あのねあのね」のおかしな
 コメントをすべて読んでいるはずだから、RKは「あのねあのね」が一水会の
 鈴木邦男と10年来の付き合いがあるという文章を読んでいるはずですし、
 RKが「あのねあのね」が工作員であることは気づいていなければおかしい。

②私や高尾くんが既に1年かけて『一水会による小沢一郎懐柔工作がある』と
 主張してきたにも関わらず、現在の状況が生活の党に頼らざるを得ないというのにも
 関わらず、RKは、まったく動いていないし、聞く耳さえ持とうとしない。

③定額給付金男さんが、「RKは一水会には言及出来ない」という内容の
 ことをブログで書いていたが、初めは、戯言だと思っていましたが、実際、
 貴殿の言う通りとなった。

④高尾くんの下に届いた、おかしな携帯電話からのコシミズ先生(?)メールの存在。

⑤チャンネル桜や日本会議の実体は、統一教会ではなく、生長の家であるのにも
 関わらず、RKは、ただの一度も、生長の家に言及していない。その上、鈴木邦男
 (一水会の最高顧問)は生長の家の幹部である。

⑥RKは、高尾くんの言う「RK理論+α」という考え方を真っ向から否定したが、
 高尾くんの言う「RK理論+α」の「+α」の部分は、私がRK理論に
 プラスした生長の家と大本の部分である。

⑦私はたったの3ヶ月でライブドアブログのトップ10入りしましたが、私には
 講演会などないです。何が言いたいか。それは、ネット・ジャーナリストに
 本当に、講演会が必要だったのかという疑問。講演会を持つメリット
 よりも、講演会を作ったことで、周囲に裏社会がはびこるリスクの方が高い。

⑧クスコの乱が起こるはるかに前から、小吹伸一が麻薬中毒者であったことも、
 セシリアが創価学会信者であったことも、ピョンヤンギャングと朝鮮総連の
 繋がりも、RKには分かっていたはず。特に、小吹伸一が麻薬をキメて
 いたことは、音声で証拠として残っているので、それでも、この3人を側近
 として使っていたことは不自然。クスコの乱は未然に防げたはず。

これら8つの疑念から、私と彼は、「コシミズさんが裏社会側の人間で、小吹伸一や
片田清志とは裏で未だに繋がっている」んじゃないかという仮説を立てました。私は、
高尾くんに、「誰に対しても疑う心意気はジャーナリストとして大切だが、検証に検証を
重ねてから結論を出した方がいい」と主張しました。しかし、彼は、アメリカ・デフォルトの
期限から逆算して、それでは遅いと判断。それきり、私と高尾くんは意見対立。独立党
党員ではなく心情党員だった高尾くんは、独立党を破壊することを選び、私は、穏便に
周囲の人間を安全に独立党から脱会させる道を選びました。その後、去年の12月
中旬くらいまでは、私と高尾くんと意見が対立。高尾くんが暴れれば暴れるほど、
穏便に周囲の人間を離党させることが困難となり、結果、情けない話ですが、数える
ほどしか救助が出来ませんでした。今は、12月中旬くらいから高尾くんとも和解してい
ます。最初に言ったように、私達は、『緩やかな同盟』であり、決してイコールではありません。

定額給付金男さんは、RKが変質したのは2年前からと考えておられるようですが、高尾くんは、
RKは最初から裏社会のアジテーターと考えているようで、今、セールスマン時代のRKの詳細に
ついて洗っているようです。実は、私と高尾くんは、この部分に関して、意見が違います。私は、
RKが豹変した次期は、SAGEの名簿にRKの名前が載った次期だと憶測しています。まあ、
この部分は、定額給付金男さん、高尾くん、私、3者意見が異なりますが、重要なのは、
RKが、統一教会と創価学会を批判できているのは、RKの後ろに大本系列の別のカルトが
後ろ盾にいることです。その一部分が、高尾くんが研究したSAGEや、定額給付金男さんが
見破ったGLAの希望の命水と、世界救世教のEM菌でしょう。とにかく、RKはやばいです。もう、
賢い人間なら、ムーやら夢幻樹が出てきた今回で、離党を考えたり、シンパを止めるでしょう。

ずっと、定額給付金男さんに、謝罪がしたかった。許してもらう気はないです。ただ、謝りたかった。

嵐は嫌(『黒い太陽』の元ブログ主) 殿


はじめまして。


>私は独立党から適視されているので、出来れば、非公開にして頂きたいですが、
>その辺りのことは、定額給付金男さんに委ねます。

■私のブログのコメント欄は承認制ではありません。そのまま掲載されます。


>まず、始めに、貴殿に対して、深く謝罪させて下さい。

■貴殿から謝罪いただくようなことがあったという認識が私には特にありません。
「工作員呼ばわりしたこと」とありますが、いつどこでどのようなことがあったことについて謝罪をいただいているのでしょうか?


>私は、所謂、高尾の乱のときに、独立党から逃げ出した元党員。
>今の独立党のやばさから考えて、しばらくは、沈黙をするしかありませんでした。

■私もRKおよび工作員連中から適視され、嫌がらせもされております。
何か具体的なことがあるのであれば、しかるべき機関にご相談することをおすすめします。
で、沈黙を破って?このブログにコメントをされた理由は何でしょうか?それともコメントされても沈黙中ということなのでしょうか?


>私と高尾くんとの関係は、『緩やかな同盟』です。

■『緩やかな同盟』とは何でしょうか?


>我々5人(=私と高尾くんと他3名)

■あとの3人とは誰のことなのでしょうか?その人たちは今どうされているのでしょうか?


>特に、小吹伸一が麻薬をキメていたことは、音声で証拠として残っているので、

■小吹氏が過去にそういったことがあったと話をしている音声ファイルがあることは私も認識していますが、その後独立党時代にも続いていたということは知りません。
何か証拠や根拠があるのでしょうか?


>党員ではなく心情党員だった高尾くんは、独立党を破壊することを選び、私は、穏便に周囲の人間を安全に独立党から脱会させる道を選びました。
>情けない話ですが、数えるほどしか救助が出来ませんでした。

■高尾氏は破壊に成功したのですか?失敗したのですか?現在も続行中なのですか?
ころころブログやツイッターを変えるようなので、今存在するのかどうかもわかりません。

■また貴殿が「救助」といっている独立党脱会ですが、党員だと助からず、やめると助かるというのは具体的にどのようなことなのでしょうか。
私の理解では入会時に明かした住所・氏名は残りますし、一般でも講演会時に身分証を提示します。
身元を明かしてしまう点については「やめたから助かる」ということにはならないと思うのですが。

※ご存じだと思いますが、私は今もなお歴とした独立党員です。


>私は、RKが豹変した次期は、SAGEの名簿にRKの名前が載った次期だと憶測しています。

■SAGEの名簿にRKの名前が載った時期とは、具体的にいつ頃のことでしょうか?


>ずっと、定額給付金男さんに、謝罪がしたかった。許してもらう気はないです。ただ、謝りたかった。

■繰り返しますが、貴殿に謝罪いただくようなことがあったのかどうかを私は認識していません。
コメント欄は承認制ではないので、掲載が好ましくなければ「メールを送信」からメールをお願いします。

■あと、やまもとたかしなる人物が誰なのかを教えてください。
『12月中旬くらいから高尾くんとも和解しています』ということであれば、ご存知かと思います。

 横滑りになりますがコメントさせて下さい。


 嵐は嫌さま

 こちらでは「初めまして」、となりますね。

 実は、以前に貴方のブログが存在していた頃、一度だけコメントしたことがあります。その節は、すぐに取り上げてくださりありがとうございました。貴方のブログは「RKブログに関連した読者の方が多いブログ」、と認識していたので、あえてその時はHNを伏せてコメントしました。HNを変えるのは、悪いことをしている訳でもないのにコソコソしているようで好きではないこと、タイミング的に当ブログも含めて騒動続きとなったことなどから、その後のお返事が出来なかったことをお詫び申し上げます。

>貴殿のことを工作員と呼んだこと、深く謝罪します。本当に申し訳ありませんでした。

 ひと頃のRKブログでは「定額叩き」が盛んでした。確か貴方もその類のコメはRKブログで(不正選挙の有無に関連して)いくつかしていたと思います。これはその頃のことを指しますか。それとも、貴方のブログにおける、特に閉鎖前の記事で書かれた誹謗のことをさしますか。

 前者ではなく後者であればという前提で話します。当ブログの記事と貴方のブログ記事は、視点や書き方は全く違っても、裏社会に関しては同じ題材を取り上げることが多かったと感じています。そして、主張したいことや結論が(微妙な違いはあっても)大筋では同じと思いました。それなのに何故「定額が!」と敵意を持った書き方をするのだろう、とは思っていました。賛美や同調などはしないのは当たり前としても、「敵意を持つのは不自然だなぁ」と感じたのです。また、貴方は誹謗は書いても、中傷は書かなかった。「あーこれは配慮はしている」との感想を持ちました。だから余計に不自然に思ったのです。
(確か「わかる人には・・・」と前置きしてから誹謗していたと記憶しています)

 これは、「自分のブログの読者にはRKブログに関連した読者が多い」という認識、つまり「ブログの事情」から、「定額叩き」の発言をしていたという点があったのでしょうか。

 何が言いたいのかと云うと、ブログの事情、仕事の事情、大人の事情、世の中ですから、しがらみは色々あります。でも、そのようなしがらみから離れて、「これは大事だ」と思うことを発信していけるのが、ネットの良さではないですか。
 
 以下は管理人であるcocologh09さんの挨拶文です。
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2010/index.html
私は挨拶であるだけでなく、h09さんの姿勢表明だと思っています。一年も前のものですが、その後の変化にも関らずここからブレずに発信してきたと思います。批判すべき点は指摘しても、不毛なRK叩きはしてこなかった。「独立した個人としてのブログ」であり続けていると感じているのです。
 
 私見ですが、社会や政治について発言してくるブログというのは、どこぞの団体、集団の意向を受けているものが大変多いという認識です。そのなかで、当ブログは貴重な存在。どんなことがあっても応援していくという気持ちで当ブログにコメントをしています。実際のところは足を引っ張る結果に終わっていることも多いと思いますが、気持の上では、そのように意識しているという事です。

 貴方のブログにも、その「個人で一生縣命やっている」姿勢を感じていました。その好意的に観ていた人間としての意見です。先日の騒動から貴方がブログ閉鎖に至る過程で、影響力の低下したRKブログに左右されていると感じました。そこから自由に活動してみてはいかがですか。発想も含めて。


★高尾氏について

 批判されているRKブログのコメ自体が誹謗中傷ばかりですが(まともな反論が出来ないのかと呆れます)、この人は、実名かどうかということに関係無く、活動そのものに詐称が無ければ、「小沢一郎政治塾に所属して政治家を目指していた人間」です。決して、ネットが本拠地、ここで情報発信することが自分の仕事、と認識している人ではないという事です。

 その高尾氏がここ一連の発信で注力していたのは、強引に要約すれば、RKという記号は裏社会という集合に含まれているか?という、数学の問題出題のようなことを熱心にやっていた訳です。

 では、高尾氏自体は裏社会に落ちる要素は全く無いのか?

 裏社会が仲間に引っ張り込もうとする時に、相手を窮地に陥れてから、救いの手を差し伸べるというのがありますが、ここでも登場するみんなの人気者(?)鈴木邦男にちなんで「クニオ・スペシャル」と命名します。

 詳しい事情は知りませんが、高尾氏は「小沢一郎政治塾」をクビになっている。政治家になる為に大切な、現役政治家との伝手を断たれてしまった訳です。「大変な窮地」と本人が感じる要素ではないですか。

 又、「クニオ・スペシャル」を使われるような人間というのは、人望、影響力があって「まずいこと」を言う奴です。この人望影響力というのは、「クニオ・スペシャル」に落ちた後、裏社会に大事にされるバロメーターになる。
 ネットにはアクセス数という、便利なものがあって、人望、影響力を手っ取り早くアピール出来るものがあります。高尾氏が妙に急いでアクセス数を気にしていたのは、裏社会にアピールする為?という発想が浮かびます。

 政治家を目指す人間というは、裏社会という言葉は知らなくても、利権争い、他者に対する支配、影響力の行使、他人がどうなろうと役得の確保といった裏社会的な考え方に抵抗が無く、それらに縛られることにも、損得勘定が合えばOKという人間が多いと思います。「あれぇ?高尾氏は政治家を目指していたんだよな」となりませんか。

 実際に高尾氏が以上のようだ、ということではありません。でも、高尾氏がやっているような、疑うだけでハイおしまい、というやり方なら、以上のような意地の悪い見方も展開出来るのです。
(高尾氏=「やまもとたかし」の場合です。≠ならば、さらに怪しい動きになります)

気になって夜中、目が覚めてしまったので、その勢いで投稿させて頂きます。

まず、これは、定額給付金男さんには既にメールでお伝えしましたが、高尾くんが
HNを変えたのは、私がクレームをつけたからです。何故、クレームをつけたかと
申しますと、高尾くんが暴れれば暴れるほど、高尾一派のくくりで工作員認定されるので、
離党、逃げることが困難になったからです。本来なら、5人以上は救助するつもりでしたが、
実際に退会させられたのは、3人に満たない人数でした。また、何故、離党を考えたか、
これも、定額給付金男さんにメールした通りです。定額給付金男さんは、離党しようが
個人情報は一度入会したら取られる、と仰られていましたが、我々が危惧したのは、
我々のところにおかしな連中が来ることよりも、独立党の幹部連中が、今後、裁判を
暴徒化させたり、中核派などが行ったテロ行為を独立党幹部連中が独立党にかぶせる
工作を行う可能性を恐れたからです。独立党が犯罪組織に転落すれば、独立党に
所属する人間は、犯罪組織のメンバーということになり犯罪の加害者の烙印を押されます。
我々が恐れたのはそれです。離党が困難になるから高尾英司として活動することを
止めるようクレームをつけたのは私です。で、高尾くんはHNをしぶしぶ変えました。

>貴殿のことを工作員と呼んだこと、深く謝罪します。本当に申し訳ありませんでした。

 ひと頃のRKブログでは「定額叩き」が盛んでした。確か貴方もその類のコメはRKブログで(不正選挙の有無に関連して)いくつかしていたと思います。これはその頃のことを指しますか。それとも、貴方のブログにおける、特に閉鎖前の記事で書かれた誹謗のことをさしますか。

その両方です。これも既にメールにて、定額給付金男さんに伝えましたが、私は、高尾の乱で、
自分のブログを完全に消去してしまったので、どの記事と言われても出せません。ただ、私が、
定額給付金男さんのことをよく調べもせずに誹謗中傷をしたことは事実です。ですから、謝罪を
決意しました。また、謝罪が遅くなったもう一つの理由は、定額給付金男さんが黒なのか白なのか
見極める時間が必要だったからです。もう1つ定額給付金男さんに謝罪しなければならないかも
しれません。私は卑怯者です。実は、ブログをやっていたときから、小吹、片田、セシリア、5人金魚、
インターネットバイキング氏と違って、定額給付金男さんが工作員ではないということはうすうす
気づいていました。理由は、定額給付金男さんが、しっかりと、一水会の批判をされているからです。
関東連合や横浜連合のバックも一水会、猪瀬直樹スキャンダルの黒幕も一水会、オウム事件の
黒幕も一水会、山本太郎の後ろ盾も一水会、デモのアジテーターも一水会ですから・・・。ただ、
正直、インターネットバイキング氏の方は、未だに、白黒が分かりません。

私は高尾くんほど過激ではありません。上に書いた通り、我々は、共闘できる部分では共闘するが
考え方や結論は押し付けあわない『緩やかな同盟』です。確かに、高尾くんには、人のことを考慮
しない部分があります。それに、間違ったら謝るということもしない。実は、高尾くんは、RKシンパ
時代に、定額給付金男さん以外にもピンクグラレムさんを工作員呼ばわりしていましたが、今では、
高尾くんはピンクグラレムさんのことを全く工作員だと思っていません。が、謝罪しそこねた
というか・・・。

>貴方のブログにも、その「個人で一生縣命やっている」姿勢を感じていました。その好意的に観ていた人間としての意見です。先日の騒動から貴方がブログ閉鎖に至る過程で、影響力の低下したRKブログに左右されていると感じました。そこから自由に活動してみてはいかがですか。発想も含めて。

暖かいお言葉、感謝します。ただ、今後しばらくの私のポジションはブロガーではなくコメンターだと
思います。T.Nさん、定額給付金男さん、大天使ミカエルさん、ピンクグラレムさん、「ねこた」さん、
高尾くんのブログのコメント欄を梯子しようと思います。以前、どこかで定額給付金男さんが言って
いたような気がする言葉ですが、群れる必要性はないですが、横を自由に行き来できる人も多少は
必要でしょうから。

~反RKで工作員の汚名を着せられたカタギの人間の相関図~

定額給付金男さん→不仲←高尾英司くん

定額給付金男さん→懐疑的←T.Nさん

高尾英司くん→良好←T.Nさん

定額給付金男さん→良好?←藤乃井まゆみさん

高尾英司くん→良好?←藤乃井まゆみさん

ピンクグラレムさん→不仲←高尾英司くん

ピンクグラレムさん→良好←「ねこた」さん

高尾英司くん→良好←「ねこた」さん

定額給付金男さん→和解←嵐は嫌

高尾英司くん→良好←嵐は嫌

大天使ミカエルさん→ルーキー

グクマッツさん→迷走中

なんで、こんな複雑なことになっているかと言うと、一つは、RKの工作員レッテルの効果、
もう一つは、高尾くんが素直に謝罪しないから。気の毒にも、「ねこた」さんが、お互いに
不仲な、高尾くんとピンクグラレムさんの伝書鳩係りをしています。

ただし、RKは、こんな相関図は無視して、一枚岩だと党員に言い聞かせてくるでしょうね。
私がここに書き込みを始めたから・・・。ところで、たぶん、大天使ミカエルさんもここを
読んで下さっていると思うので、ここに書かせて頂きますが、大天使ミカエルさんのブログの
コメント欄、設定がどうなっているのか分かりませんが、パスワードだとかで書き込みが
出来ません。出来れば、書き込みをしやすくして頂けると幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RK独立党の闇を語る父と子の会話4 『歴史に残る』② | トップページ | RK独立党の闇を語る父と子の会話6 名護市長選 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想