« 民主党代表・岡田克也という男③ | トップページ | 大阪都構想よりも注目!! 愛知県小牧市の住民投票 »

2015年9月28日 (月)

民主党代表・岡田克也という男④

さて、もう一度直近2回の衆院選における三重3区の状況を確認します。

 

第46回(2012年)衆議院議員総選挙 三重県第3区
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当 岡田克也 59 民主党 前 126,679票 64.1%  ○
落 桜井宏 56 自由民主党 新 54,903票 27.8%  ○
落 釜井敏行 30 日本共産党 新 16,009票 8.1%
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第47回(2014年)衆議院議員総選挙 三重県第3区
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当 岡田克也 61 民主党 前 120,950票 64.0%  ○
落 嶋田幸司 40 自由民主党 新 53,659票 28.4%  ○
落 釜井敏行 32 日本共産党 新 14,293票 7.6%
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

確かに岡田氏がダブルスコアで勝っており、没落する民主党としては異例中の異例ともいえる強さです。

 

では三重3区の比例票はどうなっていたのでしょうか?

 

■比例票では民主系より自公系の票が多いという事実

 

実は三重3区において、比例得票で民主系は自公系に負けているのです。

 

第46回(2012年)衆議院議員総選挙 三重県第3区における比例票

                                                         
  民主党 未来の党 社民党 自民党 公明党 維新の会 みんなの 共産党 幸福実現
四日市市(3区) 16,630 3,246 1,121 14,398 7,746 10,988 4,993 3,527 303
桑名市 16,130 4,162 1,320 16,383 5,614 11,655 5,654 3,114 326
いなべ市 6,756 1,183 442 6,207 2,312 3,401 1,550 1,142 94
〔桑名郡計〕 756 168 47 974 398 478 243 235 7
〔員弁郡計〕 3,387 781 262 3,311 1,483 2,421 1,103 617 50
〔三重郡計〕 8,408 1,660 602 7,419 3,521 5,455 2,206 1,636 132
  52,067 11,200 3,794 48,692 21,074 34,398 15,749 10,271 912
67,061 69,766 50,147 10,271 912

 

自民党候補の桜井氏は小選挙区で約55000票でした。自公あわせて約70000票ある比例区よりも15000票ほど少ない計算になります。

一方岡田氏は小選挙区で約127000票を獲得。民主系の約67000票+第三極の約50000票=約117000票になりますが、このうち6000票ほどが共産党の釜井氏に入っていると考えられますのでその分をマイナスすると約111000票。小選挙区との票差が約16000票つまり公明党から15000票が流れていると見られます。

そして、この選挙においてこのような擁立であれば岡田氏は負けていた計算になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
民主 岡田 63000票

自民(公明推薦) 桜井 70000票

共産 釜井 15000票

維新(みんな推薦) ○○ 50000票
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

岡田氏は2012年の民主党地滑り的大敗選挙において、①自民党候補者への公明党の推薦がなかったことと、②維新の立候補者がいなかったおかげで勝てたのです。

 

 

第47回(2014年)衆議院議員総選挙 三重県第3区における比例票

                                                         
  民主党 生活の党 社民党 自民党 公明党 次世代 維新の党 共産党 幸福実現
四日市市(3区) 19,609 770 1,037 16,501 8,757 1,134 7,591 5,359 351
桑名市 19,327 897 1,091 17,964 5,859 1,086 8,090 5,115 384
いなべ市 7,653 275 399 7,066 2,541 263 2,092 1,655 125
〔桑名郡計〕 907 29 36 955 416 41 370 305 16
〔員弁郡計〕 4,117 162 227 3,700 1,571 155 1,542 1,021 61
〔三重郡計〕 9,828 401 464 8,506 3,879 477 3,541 2,391 199
  61,441 2,534 3,254 54,692 23,023 3,156 23,226 15,846 1,136
67,229 80,871 23,226 15,846 1,136

 

前回よりほぼ横ばいの民主党に比べ、自公が票を伸ばしたことがわかります。岡田氏にとってもより厳しい選挙だったはずです。

ところがまたしても自民党候補者の嶋田氏には公明党の推薦がつかず、約54000票しか得票できませんでした。これは比例区で得た自民党票とほぼ一致します。つまり公明党の23000票は全く入らなかった計算になります。

一方の岡田氏の得票数は約121000票。民主系の約67000票に維新の約23000票を加えても約90000票にしかなりません。公明党票(約23000票)を得なければ不可能な数字です。

そして、この選挙においてもこのような擁立であれば岡田氏は負けていた計算になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
民主 岡田 67000票

自民(公明推薦) 嶋田 80000票

共産 釜井 16000票

維新 ○○ 23000票
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

■三重3区における民主党・岡田克也の強さの正体

 

もちろんこれらは机上の数字のパズルにすぎず、選挙区と比例区で投票先が完全に一致することはありません。

しかし岡田氏の無風区といわれるほどの「圧倒的な強さ」の正体は、

①自民党に手を抜いてもらい公明党票をもらうこと
②維新からの刺客候補を送り込まれないこと

(全国各地で落選している多くの民主党議員は、維新やみんなといった第三極に票を奪われていることが大きな要因。そうでない選挙区は民主党にとても有利)

という超恵まれた条件によるものであることがはっきりとしています。

なぜそんなに優遇されるのかについては・・・・・・それ相応の理由があるのでしょう。

 

え?「旧岡田屋ジャスコの城下町では何党だろうが岡田克也に入れないわけにはいかない」から、そんなうまくはいかないだろうって?

そうかもしれません。しかしそれが理由で岡田氏が選挙に勝てるとすれば、旧岡田屋ジャスコブランドの通用する三重3区でしか勝てないローカルな政治家でしかないということです。

 

 

維新やみんなの党のような第三極政党が意図的に小選挙区で民主党の票を奪って自公に勝たせている例はこの記事などを参考にしてください。

みんなの党の役割
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-bab3.html

リチャードコシミズ氏のための小選挙区制度解説
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-71ec.html

 

(終わり)

« 民主党代表・岡田克也という男③ | トップページ | 大阪都構想よりも注目!! 愛知県小牧市の住民投票 »

コメント

岡田氏がこのように「超恵まれた」状況でなければ、共産党の票を欲しがる立場だったはずです。
共産党・志位委員長の提案をいとも簡単にはねのけられたでしょうか?
(それ以前に民主党代表どころか落選議員の立場ですが)


岡田氏が本当に困るのは
①自民党候補者に公明党の推薦がつくこと
②維新が刺客候補を擁立すること
つまり自民党と維新が「本気で」岡田氏を落選させるための包囲網を張ることです。

岡田氏は自公と維新にバッチをつけさせてもらっている政治家です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 民主党代表・岡田克也という男③ | トップページ | 大阪都構想よりも注目!! 愛知県小牧市の住民投票 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想