« KELLy 10月号に編集部との協力広告が掲載されました。 | トップページ

2018年9月15日 (土)

弁護士法人クローバー 村松由紀子 様

弁護士法人クローバー
(メイヂ食品株式会社 代表取締役 高野泰年 代理人)
弁護士 村松由紀子 様


 拝啓 初秋の候、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 この度Niftyにお寄せいただきました【侵害情報の送信防止措置請求】につきまして、お詫びを兼ねましてお手紙形式で記事にさせていただきます。


 いただきました内容は

  1. 村松様のお写真が弁護士法人クローバーHPからの無断盗用であること
  2. 村松様が代理人をされている高野泰年氏が、ヒトラーのコスプレをして裸で乳首に洗濯ばさみをしている写真について本人が許諾していない旨の申し出
  3. 上記2つの写真を並列させることにより弁護士としてイメージを損なうことを意図しているのではないかとのご指摘

1.につきましてはご指摘の通りであり、無断で弁護士法人クローバーのHPから拝借いたしました。素直にその誤ちを認め削除いたします。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。


2.につきましては経緯を記しておきます。
 この写真は高野氏がリチャードコシミズ独立党員として活動されていたときに自らネット上に公開した写真や動画の一部です。高野氏はリチャード氏への金銭的な支援だけでなく、自ら確固たる信念をもってやられたものではなかったのでしょうか。
 現在リチャード氏と係争中とはいえ、高野氏は独立党時代の「不正選挙を暴くことで裏社会の支配を終焉させる」という固い決意は現在もお持ちのはずで、その象徴であるこの写真は転用拒否ではなく、むしろ拡散を望んでいらっしゃるとばかり思っておりました。


 しかし高野氏が仮に『リチャード氏に賛同するふりをして独立党に入り、RK言説を貶めるために活動していた』ということであれば、この写真は無かったことにしたい過去でしょう。
 そして高野氏にとって私は都合の悪い憎むべき相手ということになります。

 ご存じないかもしれませんが、私は「不正選挙は独立党内における工作のためのネタである」と主張したことで独立党から工作員認定された身です。もちろん高野氏はリチャード氏と一緒に私を工作員認定した側にいらっしゃいました。


https://www.youtube.com/results?search_query=%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E9%81%B8%E6%8C%99%E3%80%80%E8%A3%81%E5%88%A4

 現在でもYouTubeに動画が残っていますが、RK独立党メンバーは東京高等裁判所で騒ぎを起こし、裁判官を侮辱する歌や動画を拡散しました。
 名古屋のメンバーも深くかかわっており、名古屋高裁で不正選挙裁判をしています。
 高野氏自身は原告になっていらっしゃらないようですが、この時期に多額の寄付をされており、実質的にリチャードコシミズ独立党の活動を支えていました。講演会や懇親会にも参加しています。


 独立党には妨害のための工作員が過去に数多くおり、全て行動パターンが一致しています。

  • 潜入時にはRKのご機嫌をとり、様々なサポートで側近や重要なポジションにつく
  • RKの行動をチェック、記録するなどネタを探す。あるいは意図的にネタを仕込む。
  • あるタイミングで反乱を起こす。この時他の工作員が加勢する。
  • 手のひらを反すようにRKの批判ばかり始める。それまでの「日本ため」といった大義名分は一切なくなり、ひたすらRK批判をする。

 独立党に長くかかわっている、あるいは注視している人なら誰でも知っている事実です。

 このままの動きを高野氏と寺尾氏、そして名古屋の取り巻きメンバーは行っています

  • 寺尾氏は不正選挙追及活動の手足となって働き、高野氏は多額のお金で独立党に潜入し、重要なポジションにつく
  • ミウラエリカ募金詐欺のようなネタを仕込んだり、RKを貶める写真や言動を記録する
  • 「工作員認定」というキッカケで独立党を離れる。名古屋系のメンバーも一気に加勢する。
  • あとはひたすらマイケルブログでRKを攻撃する。不正選挙追及は単なるネタなので、その後は一切何もやらない。

 加えて高野氏は大麻油の販売をはじめられました。大麻に限らず薬物に関しては一切を強く否定し続けてきたリチャードコシミズ独立党に、なぜ高野氏が入ったのかますます疑問を持ちます。


 高野氏がなぜ独立党に入られたのかの真相はともかく、この高野氏自身が自ら拡散した写真の使用を当ブログに対し認めないということであれば、その意をくみ取り、当ブログでは扱わないこととしてご指摘の写真を削除いたします。


3.につきましては高野氏の代理人である村松様からの指摘としては矛盾を感じます。

 確かにこの高野氏のような写真を見れば嫌悪感を抱く方が多数かと思います。しかしこの写真は高野氏自身がリチャード氏に多額を寄付をし、また自ら積極的に活動していた時のものです。高野氏はリチャード氏から工作員認定などをうける前までは、独立党で真剣に活動されていたはずではなかったでしょうか?

 もしこの写真が並列している者を貶めるものであるなら、高野氏は独立党員としてこの写真を自ら拡散することでリチャードコシミズ独立党を貶める妨害行為をしたことにならないでしょうか?
 同じ写真であるにもかかわらず、場面ごとに都合よく評価が変わることには納得しかねます。もっとも高野氏は「メイヂ食品株式会社の経費」を「自らの寄付」と都合よく言い換える方のようですので、矛盾を感じないのかもしれません。弁護士である村松様はどのようにお考えでしょうか?

 

 乱筆であります点はご容赦ください。また誤字脱字があれば修正をすることにつきましてはご了解ください。

 

 末筆ながら弁護士法人クローバーおよび村松由紀子のますますのご発展を心からお祈り申し上げます。村松様が高野氏の代理人として選挙管理委員会に対し不正選挙裁判を提訴する日を心待ちにしております。高野氏が工作員である限りそんな日は訪れないでしょうが。

                                              敬 具

 

平成30年9月15日
一票入魂!『選挙マニア総研』
cocologh09こと定額給付金男

« KELLy 10月号に編集部との協力広告が掲載されました。 | トップページ

コメント

当ブログに対して写真の許諾云々については弁護士に委託するのに、不正選挙裁判は全くやらないのは自ら工作員だと名乗っているようなものです。

私は当初から高野氏(T氏)をRK言説を貶めるために潜入活動していた工作員だと考えています。本文にも書いた通り、高野氏の動きは結局のところ同じパターンであり、規模(金額)が独立党史上最大級であったというだけのことです。

そして工作は成功しました。
現在のリチャードコシミズ氏の落ちぶれ方を見れば誰もが認めるところでしょう。

>私は「不正選挙は独立党内における工作のためのネタである」と主張したことで独立党から工作員認定された身です。

あなたは工作員でないのに、独立党から工作員認定された。あなたは自分が工作員ではないことは当然ご存じである。ということは、あなたはRK氏の工作員認定がいかに適当であるかもご存じである。

他の人の工作員認定も、あなたの場合と同様適当なのではないか?常識的に考えれば、工作員でもないのに、工作員認定されたらみな憤慨する。とくに多額の支援をした人なら当然である。

そうは思われませんか?

>投稿: | 2018年9月17日 (月) 11時19分


RKの工作員認定が適当であるというなら、高野の工作員認定だって適当ということになる。

私は不正選挙を論理的に否定して工作員認定を受けたが、それはRK一人からではない。当時不正選挙追及の中心にいた全員が私を工作員認定したはず。その中には高野や寺尾も含まれる。あなたもその一人だったと私は考えている。
工作員は潜入して事件を起こし、後にそれをターゲットの責任として追求する。常套手段。


高野は憤慨なんかしていない。寄付も反RKも予定の行動。
彼が工作員でないなら、なぜ不正選挙追及を止めた?
弁護士を使って訴訟をなぜやらない?
投票所や開票所で監視をしたか?
筆跡鑑定をしたか?
ムサシを調べたか?

不正選挙はRK言説を貶めるためのネタ。
工作員は本当に不正があるとは思っていない。RK独立党で偽装していただけ。
だからRK批判に転じた途端に何もやらなくなる。


高野は私を潰したくて仕方がないようだ。脅しのような手口も使うし、弁護士を使って訴訟するネタを必死に探している。


私は工作員認定されたおかげで裏社会の連中が実在することを身をもって知ることが出来た。そしてRK独立党に工作員が多数いた事実も確認できた。
RKの工作員認定は「適当」ではない。
RKも間違って工作員認定をしたことが私を含め数回あるが、それは工作員らがそのように仕向けた結果である。

もう一度言う。
工作員は潜入して事件を起こし、後にそれをターゲットの責任として追求する。常套手段。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KELLy 10月号に編集部との協力広告が掲載されました。 | トップページ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想